FX初心者のひとりごと

学生の頃、大人になってから、包茎について気になったり

悩みになる人は少なくないでしょう。

それぞれその時の年齢、状況に応じて、その理由は違っていると

思いますが、包茎と言うのはいつになっても男性を悩ますものの

1つと言えます。

 

まあ大人になってからであれば、それなりに経験も積んで

それなりにずぶとくなっているでしょうから、包茎治療包茎手術

ついて考えたとしても、そこまで悩み込むってことはないでしょう。

 

でも悩むと学生の思春期のころは、結構根深く悩んでしまう危険が

あります。

もしかして包茎治療包茎手術が必要なんだろうか?と思い始めると

中々他の人にも相談できずに、深く悩んでしまうこともあります。

 

本来なら、正しい情報が入れば、そこまで深く悩むことがないのでしょうが、

現状そういう環境が整っていない問題は残っています。

 

ただ学生の頃は、もっと優先して悩むべきことがあるはずなので

包茎のことよりも、そっちの方を考えることをお勧めしたいです。

恐らくこの問題は、少々後ろに伸ばしても大丈夫だからです。

もっと恋愛や勉強、部活動とかの方を考えましょう。

そうして包茎なんて気にしないことが一番かもしれませんよ。

FXでは単純に「売る」「買う」を繰り返すだけでなく、注文方法の種類がおおいのも特徴のひとつで、用途によって使い分けができるようになっています。

 

基本となる注文方法と、それらを応用し組合せ注文(IFD注文、OCO注文、IFO注文)などがありますが、その他にも特殊な注文方法があります。

 

・リクオート注文

 

AFT-FXダイレクトトレードの特殊な注文で、ここでは、トライアルコース、ビギナーコース、スタンダードコースのそれぞれのコースによって取引出来る通貨単位が1万通貨、5万通貨、10万通貨と異なっていて、この取引通貨単位を「ロット」と呼んでいます。

 

リクオート注文では、5ロット以上で取引を行う場合には、直接ディーラーに売買価格の要請を行うことができ、これを利用した注文を「リクオート注文」と言います。

 

・ITX注文

 

為替レートには、買値と売値が存在しその価格差の事をスプレットと呼んでいます。この2つの価格は買いと売りのそれぞれの注文に対して提示されている価格でしか売買を行うことは出来ません。

 

ITX注文はこのスプレットの範囲内で価格を指定して取引を行うことが出来る注文方法です。

 

希望の価格で売買相手が居れば、注文がマッチングされたことにより約定することが出来ます。

 

マッチングされれば実際のレートよりも有利な価格で約定することが出来ますが、マッチングが出来なければ通常レートでの約定になります。

 

また、1約定あたり700円/ロットの料金がかかる有料オプションになります。

FXを始めるためには、まず『ドルが安いうちに買い、レートの変動によって高くなった売る』こういった流れが簡単に想像がつくと思います。

 

ただ、FXの場合は『売り』から入る方法もあるのです。

 

円の価値が安いうちに先に売っておいて、価値が上がれば買い戻すという方法です。

 

どちらにせよ『売り』と『買い』を1セットで取引になるのです。

 

この売りと買いをセットで行っていくことを反対売買といいます。

 

ここで、ドルを円で買うときの「新規注文」のケースを例にとってみます。

 

まず、仮に1ドル=110円で「買った」とします。

 

これで、取引に参加できるドルを所持したため、ポジションをもつことができました。

 

このポジションをもつことを『新規決済』と呼びます。

 

しかし、FXの特徴は「買って売る」だけでないのが特徴です。

 

ドルを売ることからスタートするケースなら、はじめにドルを売ったところで取引がスタート、取引のポジションを得たため『新規決済』になります。

証拠金にはいくつかの種類があって、業者によっても呼び方はさまざまです。

 

業者によっては『証拠金』ではなく『保証金』と呼ぶところもあります。

 

・有効証拠金・実質保証金

 

レバレッジ倍率を算出する際の保証金で、使用中の証拠金を含め使用可能な証拠金の総額になります。

 

・維持証拠金・必要保証金

 

ロスカットが行われる金額を示したもので、ポジションを維持する為に必要な証拠金になります。

 

・追加証拠金

 

維持証拠金に対して不足分金額を示し、取引業者から追加で請求される証拠金になります。

 

・最低証拠金

 

口座開設時に必要になる証拠金で、全額を証拠金として使用することが出来ますが、口座開設費用として位置づけられています。

 

・証拠金残高

 

取引口座残高で、取引によって得た損益のうち受け渡しが完了している金額、使用中の証拠金も含まれます。

 

・余剰証拠金・使用可能保証金

 

証拠金残高のうち、使用中の証拠金を除いた金額で、新規取引を行う為に使用できる証拠金になります。

普段日常の買い物をするときでも、品物を買うときはカードや現金でお金を支払いますね。

 

これと同様に為替取引でも同じで、取引業者に証拠金を支払い商品である外貨を購入します。

 

ただ、FXの場合は実際に資金の移動は行われずに、ポジションを清算する時点で生じる、売買損益金額分のみを差額で決済します。

 

するとここで問題が生じます。

 

もし取引の際に損害生じて、お金の払えない投資家が出たりすると、信用のもとに行われる取引が成り立たなくなってしまいます。

 

そこで、そのような問題が現れないように、お金を「証拠金という」形で担保として利用者からFX業社が預かります。

 

お金を担保にお金の売買を行う...。少しおかしな感覚ですが、実際に業者に預ける担保のお金は取引額の何十分の1です。

 

この証拠金を会社に預けた時点で、預けた証拠金に対して何十倍の取引ができるようになります。

銀行などでお金を預ける前に、まずその銀行に口座を開設しますね。

 

それと同じように、FXもお金を扱う取引なので、まずFXを行うには口座開設が必要です。

 

口座を開設する方法は、大まかに分けて「オンライン申請型」「書類請求型」とがあります。

 

どちらの場合も手順としてはあまり違いはありませんが、インターネットがちょっと苦手という人は「書類請求型」がオススメでしょう。

 

まず始めにオンラインもしくは書類で約款の同意をすると、申込書が送られてくるので、署名、捺印の上、本人確認書類とともに送付します。

 

その後、稀に確認の電話がかかってくるところもありますが、大抵、審査後スムーズにユーザーIDや振込先が自宅宛(配達記録付郵便で)郵送もしくはEメールで送られてきます。

 

資料請求型の場合、輸送に時間がかかるため、口座開設までに若干時間がかかるところが難点です。

 

その手順は会社によって多少異なりますが、大抵は同じような流れで進んでいきます。

はじめまして

みなさんは毎月のお給料をもらったら、まずどんなことを考えますか?

 

家賃やローンの支払いをして、生活費を出して。余ったら少し貯金して。

 

おそらく、そんな風にしている方が多いのではないでしょうか。

 

ごく当たり前のことなのですが、総収入の中から生活に必要な資金を確保しておかなければ、破産してしまいますね。

 

実は投資もこれと同じことが言えるのです。

 

投資なんて難しそう・・・と最初は抵抗を感じるかもしれませんが、しっかり学んで賢く運用すれば、そんなに怖いものではありません。

 

当サイトでは、私が投資を始めるにあたって学んだことを紹介しています。

 

まだまだ初心者の私ですが、これからがんばってFXで利益を獲得!!していきたいと思っています。

  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • 美容皮膚科